最近の記事

気が向いたら、ポチっとお願いします。
   ↓    ↓    ↓    ↓    

2011年09月03日

期待のシグナル配信


過去の教訓から、テスト、検証なしに
新しい商材に飛びつくことがないよう心がけています。


ここ最近、シグナル配信は利用していなかったわけですが、
久々に気になっていたものはありました。


天羽義治のチャンピオンシグナルです。


外為どっとコムのFX運用コンテストの優勝者で
ラグジュアリーFXの作者として有名でしたから、
かいとも興味をもっていました。


長期で安定した成績が出せるんじゃないか
と本気で期待させるほど大絶賛の嵐。


でも、新しい商材はぐっと我慢、ということで
他の方の検証結果を見させてもらっていました。


公式販売ページの宣伝によると
1ヶ月平均損益+740pips
1年換算+8,880pips


バックテストであったとしても
その半分でも計算できたら、
と期待していましたが、7月、8月と
いまひとつ波にのれていないようです。


チャンピオンシグナルがどうこうではなく、
シグナル配信ってほんとーーーに難しい。
つくづくそう思うんですけど。


伝わるかな。

posted by かいと at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ シグナル配信全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

シグナル配信は稼げるのか?


かいとです。


コメント欄で「お薦め」を聞かれたのをキッカケに
シグナル配信は本当に稼げるのか?
改めて考えてみました。


年間10000pipsとか1年で○倍とか、華やかな宣伝とともに現れ、
ひっそりと消えていくシグナル配信や自動売買。
ほんとにたくさんあります。

宣伝やバナーを考える人も、内容がかぶってきたりして
大変じゃないかな〜とか気になります。

バックテストの「実績」なんて意味ありませんので、
シグナル配信のフォワードの実績を確認してみようと思いました。

現在も残る、いわゆる古株のシグナル配信のフォワードの
「実績」を調べてみました。
既に話題性はありませんが、賛否両論ありながら、
現在まで残っているのは、それなりに支持があるからと考えたので。


<シグナル配信のフォワード実績(2010年)>


MASTER FX スゴワザFX(ドル円) FX TRY(ポンド円) FXタイミング本配信(ドル円) HIT TRENDER(LD版)
TOTAL 1389 pips 744 pips 1044 pips 181 pips 1036 pips
1月 350 pips 415 pips -137 pips 79 pips 268 pips
2月 268 pips -77 pips -307 pips 58 pips 120 pips
3月 -431 pips -64 pips 256 pips -69 pips -77 pips
4月 500 pips 252 pips 523 pips -22 pips 326 pips
5月 531 pips 227 pips -582 pips 122 pips 346 pips
6月 -282 pips -128 pips 678 pips 185 pips 53 pips
7月 261 pips -165 pips 525 pips 201 pips
8月 325 pips 61 pips 428 pips -272 pips
9月 -562 pips 252 pips -263 pips -139 pips
10月 429 pips -29 pips -77 pips 38 pips



HIT TRENDER以外は、かいとが現在、過去に配信を受けていたものです。
同じサービス内の他通貨ペアとかもあるじゃん!とかツッコミもあると思いますが、
かいとが考える有名どころ・代表的なものを独断と偏見で選びました。

HIT TRENDERは6月までしか公式記録の公開がなく、
実践・結果を公開している人もいないようなので6月までです。
※有名アフィリエイターさんのブログでは、一部記録も
公開されていますが、真偽の程を確かめるすべもないため、
公式で公開されているもののみとしました。

この他にも、現在も続く老舗シグナルとしては、
WILLなっちなどが有名ですが、月単位の実績が
公開されていないので入れませんでした。

MASTER FXの1400pips弱も「たいしたことない」と思ったのですが、
その他のシグナルも「たいしたことない」と感じます。

「今年は○○」、「最近の相場は○○」みたいな
言い訳も聞かれますが、この辺が妥当なところなんですかね。


結論としては、夢のような爆益が続くシグナルは存在しない。
という、至極あたりまえの結論となりました。

長く続けるなら、あまり高望みせず月平均100pipsくらいだと
考えておいた方がよいでしょうね。

ドローダウンを許容できるLot数で取引する。
Lot数を低く抑えるために、月のランニングコストも低く抑える。
これしかない気がします。

究極は裁量だけで稼げるようになれればいいんですが、
なかなか難しいですから。


FXタイミング本配信(ドル円)とか懐かしいなぁ。
月30万円の利益を信じて、毎月5万円払ってましたよ。
セールストーク上手いですからね。
今は会員さんになんて説明しているんでしょうか。


そう考えると、FNR-FX(スゴワザFXのドル円)の月額1000円は
コストパフォーマンスが高いと思います。
でもまぁ、コストパフォーマンスが高いと思うからこそ、
MASTER FXもFNR-FXも継続しているわけで、当然と言えば当然。

他に、かいとの知らないシグナルで「これは成績いいよ!」
とかあったら教えてください。
ただ、バックテストではなくフォワードの実績でお願いしたいです。


posted by かいと at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ シグナル配信全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が向いたら、ポチっとお願いします。
   ↓    ↓    ↓    ↓    

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。